菩提寺と檀那寺の違い

天馬光院

菩提寺

菩提寺 画像

葬儀の際に菩提寺という言葉を耳にしたり、お墓や法要について調べていると菩提寺という言葉を見かけたりしませんか? 菩提寺とはどういった寺で、檀那寺とはどういった違いがあるのでしょうか。 菩提寺について詳しく解説していきます。

菩提寺とは

葬儀の際に菩提寺という言葉を耳にしたり、お墓や法要について調べていると菩提寺という言葉を見かけたりしませんか? 菩提寺とはどういった寺で、檀那寺とはどういった違いがあるのでしょうか。 菩提寺について詳しく解説していきます。

菩提寺と檀家

檀家とは、特定の寺に所属して寺院を支援する家のことです。 江戸時代から檀家制度が法的に制度化され、どこかの寺院に属することが法律となりました。 その文化が現在でも残っており、同じ寺院に先祖代々お墓がある場合はその寺院と檀家の関係があると言えます。

そのため親類や親族が同じ菩提寺であることが多いので、自分の菩提寺を知りたい場合には親族に尋ねると分かります。

葬儀や法要を行う際は菩提寺にお願いするので、事前に菩提寺を調べておき、菩提寺の予定を電話等で聞いておく必要があります。遠方に菩提寺がある場合でも事前に連絡をしていれば大抵の場合は来ていただけますし、まずは菩提寺に連絡することが原則になります。どうしても日程が合わない場合は、菩提寺から近くの僧侶を紹介してもらえる場合もあります。

檀家をやめたいという時には、菩提寺に改葬の旨を伝えて、新しいお墓を準備します。 移転元の改葬申請や菩提寺の埋葬証明を、移転元の役所に提出して改装許可証を発行してもらうと移転することができます。 ただし檀家をやめる際には離檀料を支払うことが一般的となり、金額は決まっていないものの一般的には法要のお布施と同額くらいになります。

檀家になることはお寺との関係が出来ることであり、葬儀や法要の際にも手厚い供養を受けられます。 一方で、他のお寺に法要をお願いすることは出来ませんし、移転する際には檀離料などトラブルもないとは言い切れません。

菩提寺と檀那寺の違い

檀那寺も葬儀や供養の際によく耳にしますが、全く違ったものになるので混合しないようにしなくてはいけません。 檀那寺も菩提寺と同様に葬儀や法要などをお願いする寺院になりますが、違いはその背景にあります。 菩提寺は、豪族や大名が一族のために建てた寺院を指ますが、檀那寺は大勢の人が共同で建てて維持している寺院を指します。

檀那寺では、葬儀などの供養をお願いする代わりに、お布施として経済的な支援を行って、寺院の維持費を大勢の檀家で支えています。 この檀那寺が建設されるようになったのは、江戸時代の寺請け制度からです。

誰もが寺院に属さなくてはいけなくなった制度によって、人々が共同で寺院を建設することになりました。 菩提寺は一部の貴族などが建設した寺院になり、聖徳太子が建立した法隆寺や、蘇我氏の建立した飛鳥寺、藤原氏の興福寺など有名な寺院が多くなります。 そのため、一般的には檀那寺に属している人が多いと言えるでしょう。

自分の寺を菩提寺呼ぶ人も多いですが、檀那寺である可能性も高いので、自分の寺院を一度調べてみることも良いでしょう。 事前に知っておけば、葬儀や法要の際に自分が施主になった場合もスムーズに準備を行うことができます。

葬儀 関連記事

菩提寺

菩提寺

葬儀の際に菩提寺という言葉を耳にしたり、お墓や法要について調べていると菩提寺という言葉を見かけたりしませんか? 菩提寺とはどういった寺で、檀那寺とはどういった違いがあるのでしょうか。 菩提寺について詳しく解説していきます。菩提寺の詳細をもっと読む

檀家

檀家

葬式や供養の際に自分が檀家であるかどうかを知っておく必要性があります。 檀家とはどういったもので、檀家にはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか? 檀家になる方法なども含めて詳しく解説していきます。檀家の詳細をもっと読む

位牌

位牌

大切な人が亡くなった時に、形見の代わりとして位牌を仏壇に置いたり、寺院の位牌檀に安置するものです。 位牌とはどんなもので、どのように選べばいいのかなど位牌について詳しく解説していきます。位牌の詳細をもっと読む

↑ PAGE TOP