改葬

天馬光院

改葬

改葬 画像

近年では費用や管理などの都合から、墓の引っ越しが増えています。 お墓を移すにはどんな手続きが必要で、どれくらいの費用が必要なのでしょうか? 注意点なども含めて、詳しく見ていきましょう。

改葬とは

改葬とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を別の場所に移して供養を行うことを言います。 転居に墓が遠くなってしまう場合や、墓の管理が難しいので永代供養にする場合など改装を希望する理由はさまざまです。 改葬を行うには、許可や手順を踏み、新しい墓地へと改葬しなくてはいけません。

改葬の許可・手順・流れ

改葬を行うには、最初に埋葬している墓の墓じまいを行い、新しく決めている墓へ改葬しなくてはいけません。 どのような許可が必要で、どのような流れで進めればいいのか見ていきましょう。

1.菩提寺や親族と相談する
改葬したいと考えたら、まずは家族や親せきと相談することで、後でトラブルが起きないようにしておきましょう。 そして、菩提寺への相談は必須です。 同じ菩提寺での永代供養に変える場合であれば、墓の場所をあまり変える必要がない可能性もあります。 改葬するにあたり、既存の墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらう必要があります。

2.改葬先を決める
移転による関係で改葬する場合でしたら、菩提寺に事情を話せば寺院を紹介してもらえる場合もあります。 改葬時の費用や、将来的な管理についてなど考えて上で決めましょう。 改葬先を決めたら、受入れ証明書や納骨許可証などを得ます。

3.改葬許可申請書を取得する
最初の墓のある地域の市役所で、改葬許可申請書を得ます。 その地域ごとに書式などは違いますが、申請者と故人の本籍や住所など基本情報の記載が必要になります。 記載後に、現在の墓の管理者である寺院や霊園に署名や捺印をもらい、市役所に埋葬証明書と受入れ証明書と一緒に提出します。 すると、改装許可書がもらえます。 この改装許可書が、移転先の墓地管理者に提出するために必要になります。

4.墓じまいする
僧侶に閉眼供養をしてもらい、遺骨を取り出します。 遺骨を取り出す場合には、納骨室の石でできた板の蓋を動かす必要があるので、石材店などにも事前に連絡する必要があります。 墓を撤去してもらい、檀家を離れる場合にはお布施を渡します。

5.新しい墓地へ改葬する
新しく改装する寺院や霊園の管理者に、改装許可書を提出します。 僧侶に開眼供養を行ってもらい、遺骨を納めます。 別の宗派に改宗する場合には、改に戒名をいただくなどの手続きが必要になります。

改葬の費用・相場

改葬には寺院や状況によって費用が大きく変わり、費用としては50~100万円くらいが目安と言えるでしょう。 証明書の発行には1,000円前後の費用が必要になり、遺骨の取り出しや埋葬のためにおこなってもらう供養もお布施を3万円前後用意しなくてはなりません。 寺院によっては離檀料も必要です。 墓石を処分するには10万円前後の費用と、墓石を運搬するのであれば30万円前後が必要です。

改葬のトラブル・注意ポイント

改葬にあたり、トラブルや注意ポイントを事前に押さえておけば、実際に改葬する際にトラブルを回避することができます。 最も多いトラブルは家族や親族とのトラブルでしょう。 墓を立て直すことに反対する人も出てくるでしょうし、事前にしっかりと話し合って納得し合ってから改葬に移りましょう。

また、寺院とのトラブルが起こることもあります。 寺院によっては檀家が寺院を離れることになるので、離檀料を請求する場合があります。 これまでお世話になった料金として支払う場合もあるので、寺院としっかりと相談しましょう。 手続きから改葬、そして改葬後は以前の墓の撤去など作業が多くなっているので、費用も多く掛かりますので事前に計画をしっかりと立てて進めてください。

永代供養 関連記事

永代供養

永代供養

現代ではお墓の管理ができないことや、家族が墓参りに行けないことなどから永代供養を選ぶ人が増えてきています。永代供養とはどういった供養方法で、法事や位牌はどのようにすれば良いのか詳しく見ていきましょう。永代供養の詳細をもっと読む

改葬

改葬

近年では費用や管理などの都合から、墓の引っ越しが増えています。 お墓を移すにはどんな手続きが必要で、どれくらいの費用が必要なのでしょうか? 注意点なども含めて、詳しく見ていきましょう。永代供養の詳細をもっと読む

墓じまい

墓じまい

墓を移動させたり、撤去したり、永代供養する場合に必要になる「墓じまい」ですが、どのようにすれば良いのか費用など気になる点は多いでしょう。代行業者や注意点など、墓じまいについて詳しく解説していきます。墓じまいの詳細をもっと読む

↑ PAGE TOP